【提案】乳児一般健康診査の助成拡大

乳児一般健康診査の助成回数を増やすことを提案しました。

乳幼児健診は赤ちゃんの健康保持及び増進を図ることを目的としており、発育・栄養状態の確認、先天的な病気の有無・早期発見、予防接種の時期や種類の確認など、必要な項目を定期的にチェックします。

母子健康法により1歳6か月児と3歳児の健診は法的義務とされています。他の一般健診の時期については各自治体に任せられているため、住んでいる地域によって異なりますが、1か月、3~4か月、6~7か月、9~10か月の概ね3か月毎が一般的な健診スケジュールと言われています。

赤ちゃんの健やかな成長のために非常に重要な健診ですので、一般的に言われているスケジュールに沿った受診を促していくことが望ましいと考えます。

高松市では、受診の目安を生後3~4か月と9~10か月の2回としており、満1歳になるまでに2回まで、一般健診受診料の一部を助成しています。

私の家庭では、子どものかかりつけ医が一般的なスケジュールに沿った受診を勧めていることから、あまり意識せずに、3か月毎に受診していました。ところが、他の保護者の方々との会話から、助成対象となる2回しか健診を受けていないという家庭が多いことがわかりました。共通しているのは、無料なら受診するけれど、自己負担してまで受診はしないということでした。

たとえば東京都区内では1歳までの乳児期において、3~4か月、6~7か月、9~10か月の計3回の一般健診を公費負担することで受診を促しています。

そこで、本市でも乳児の健やかな成長のために、保護者の負担なく一般的に言われている3か月毎の受診ができるように助成の拡大を提案しました。

(提案・質問の項目はこちら

この記事へのコメント