【提案】忘れていませんか?産前産後期間の国民年金保険料の免除申請

産前産後期間の国民年金保険料が免除されることをご存じですか? 2019年4月より、次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産した際に、出産前後の一定期間、国民年金保険料が免除される制度がはじまっています。 通常の免除と異なり、支払いが免除されても年金は減額されません。財源については、国民年金加入者が保険料を100…
コメント:0

続きを読むread more

【提案】ため池の安全対策

全国的にため池での死亡事故が後を絶ちません。 ため池の斜面は濡れている上、泥やコケなどが付着して非常に滑りやすくなっています。落ちると自力で這い上がるのはほぼ不可能で、助けようとした人も溺れるリスクが高いといいます。 農林水産省の資料によると、ため池における死亡事故は毎年20件から30件。死亡事故者の年齢構成は、高齢者が目立…
コメント:0

続きを読むread more

【提案】横断歩道の安全対策

本年1月、シンボルタワー近くの片側2車線の市道において、横断歩道を横断中の自転車が車に跳ねられるのを見たという人から交通安全対策について相談がありました。 その横断歩道には信号機がなく、横断歩道手前で停止した路線バスが死角になって事故が起きたといいます。交通ルールを守った車が死角になって事故が発生してしまったというのは皮肉なことだ…
コメント:0

続きを読むread more

【提案】市有施設の維持管理コストの削減

明石市では市有施設の維持管理を民間事業者に包括的に委託し、コスト削減に成功しています。 対象は、小中学校、幼稚園・保育所・こども園、コミュニティセンターなど132カ所。 従来は、各施設を所管する担当課が、各施設で必要となる業務ごとに業者を選定し、委託していましたが、現在では、施設包括管理担当の技術職員を置き、建物管理の専門事…
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】不妊治療の新たな助成制度の創設

本年4月から不妊治療の保険適用がはじまりました。 このこと自体は喜ばしいことなのですが、一方で昨年度までの助成制度のときよりも自己負担が増加してしまう懸念があることから、昨年9月、新たな助成制度創設などの支援策を提案していました。 これを受け、今議会に新たな助成制度創設の議案が提出されておりましたが、本日可決成立しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】令和4年6月議会 代表質問

市政全般にわたり会派を代表して質問します。 近年の急激な出生数の減少など、待ったなしの課題が山積しています。 持続可能な未来のために、課題を先送りするわけにはいきません。 子どもたちにどのような未来を残していくのか。問われているのは今を生きる私たちです。 ◆日時:  2022年6月16日(木) 13:00~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】公共スペースにおける抗菌・抗ウイルス対策

新型コロナウイルス感染症の流行が続く中、先日、無光触媒を施工する事業者のお話を伺う機会がありました。 無光触媒とは、光触媒と異なり、紫外線が全くないところでも、24時間365日、抗菌・抗ウイルスなどの効果効能を発揮してくれる機能性コーティング剤で、エンベロープウイルス、ノンエンベロープウイルスともに効果があります。その時のお話では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】令和4年3月議会 質疑

今回は2つのテーマを取り上げます。 いずれも市民の皆さまとの会話がきっかけとなり提案・質問するものです。 建設的な議論になるよう全力を尽くします。 ◆日時:  2022年3月11日(金) 11:20頃~  ※ 午前中3番目の登壇。なお、他の質問者の質問時間と答弁時間により時間が前後します。 ◆質問項目: 抗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案・提案実現】安心して子どもを産める社会の実現にむけて(不育症治療支援)

前のブログ記事で不妊治療の支援策について書きました。 不妊症に加えて、もう1つの課題が不育症への支援です。 妊娠はするものの流産などを繰り返し、子どもを授かることができない不育症への支援は不妊症に比べて手薄であると言わざるを得ません。 香川県の不育症治療費助成制度はありますが、対象となる治療が限られており、支援としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】安心して子どもを産める社会の実現にむけて(不妊治療支援)

私はこれまで不妊に悩む人たちの力になりたいという思いで様々な支援策を提案してきました。 市の範疇を超えることでも、たとえば不妊治療の保険適用を市長からぜひ国に求めてほしいと訴えたこともあります。その保険適用がいよいよ来年4月から実現することとなり、大変うれしく思っています。 一方で、新たに保険対象となる治療の選定や金額などは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more