【お知らせ】令和3年9月議会 一般質問

今回は2つのテーマを取り上げます。 1つは新型コロナウイルスを心配する保護者の声を届けるもの。もう1つは出産を望む市民の声を届けるものです。 建設的な議論になるよう全力を尽くします。 ◆日時:  2021年9月14日(火)13:00頃~  ※ 4番目の登壇。午後1番目の予定です。答弁時間により時間が前後することがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】常設の土のう作製場所の増設と適正配置

台風シーズンを前に、先の6月議会で提案した常設の土のう作製場所の増設が実現しました。 提案のきっかけは昨年の台風10号。過去最大クラスの台風で特別警報が発表されるかもしれないという報道がある中で、臨時の土のう作製場所が開設されなかったことにより土のうを作れなかったという市民の方からの相談が今回の提案につながりました。 加えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】常設の土のう作製場所の増設と適正配置

昨年9月、台風10号が平均風速50メートル以上に達する恐れがあるとして、気象庁が一時、特別警報級の警戒を呼びかけました。 マスコミ報道でも、過去最強クラスの台風と言われ、特別警報の発表も予想されたことから、市内でも災害に備える人が多くいたと思われます。実際、私の周りにも、台風に備え、土のうの準備をする人が何人もいました。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】令和3年6月議会 一般質問

本会議に登壇し、一般質問をします。今回は、直近の法改正に伴う本市の対応と台風シーズンを前に防災関連について質問・提案します。◆日時: 2021年6月18日(金)13:20頃~ ※ 午後2番目に登壇予定です。答弁時間により時間は前後します。◆質問項目:温暖化対策について地球温暖化対策推進法改正の受け止め地球温暖化対策実行計画の見直しにあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】不妊治療休暇制度の改善

昨年4月に導入された不妊治療休暇。 本年3月に提案した休暇制度の改善案が、早速実現。年間6日だった上限が、この4月から12日に拡大されました。 排卵の周期はおおむね1か月に1度です。それに合わせて治療することになりますが、1周期あたり何度も通院が必要です。1年を通じて治療を継続する人にとっては、これまでの上限では足りないこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】スマートハウス等普及促進補助制度

昨年12月、地球温暖化対策として、省エネ住宅の普及促進などを提案していました。 来年度当初予算が可決成立し、早速この提案が実現します。 来年度から新たにはじまる「スマートハウス等普及促進補助制度」には、下記3点の補助メニューがあります。 蓄エネ設備およびHEMS(ホーム・ エネルギー・マネジメント・システム)設置費補助金Z…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】空き家除却を促すための「固定資産税の住宅用地特例除外」

固定資産税の切り口で解決策を提案した空き家問題。 市長から、老朽化して住める状態でない空き家の固定資産税について、宅地の税額を軽減する住宅用地特例から積極的に除外する方針が示されました。 住む予定のない空き家を放置しても税制優遇を受けられないようになることで、少しでも危険な空き家の除却に繋がれば、提案者としてうれしく思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案・提案実現】不妊治療支援・不妊治療休暇

2019年12月、市長に対して不妊治療の支援策を提案しました。それを受けて、昨年4月、本市職員向けの不妊治療休暇制度が創設されました。 当時の質問の中で、不妊治療は特別なものではないこと。そして「身体的負担」「精神的負担」「時間的負担」「経済的負担」の4つの負担があることをお伝えしました。だからこそ、不妊治療の負担軽減を図ることは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】風しんの予防接種

この課題は、2019年12月にも取り上げましたが、社会全体で風しんを減らしていくことが、生まれてくる命のために極めて重要であることから、更なる取り組みを提案しました。 妊娠中に風しんに感染すると、高い確率で障がいをもった赤ちゃんが生まれることがわかっています。 国の制度変更などにより、性別に関わらず、抗体のない人が一定数存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】空き家対策

全国的に空き家が問題になっておりますが、本市も例外ではありません。 本市の空き家実態調査によると、2014年度5,868件だった空き家が、2018年度には8,289件と、僅か4年で41%も増加しています。 特に、危険空き家の予備軍である「部分的に危険な損傷が認められる空き家」の増加が顕著で、実に3倍にもなっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more