【お知らせ】令和3年3月議会 質疑

私自身の選挙公約でもある未来のための、そして、未来につけを残さないための提案を中心に質問をします。◆日時: 2021年3月11日(木)11:30頃~ ※ 午前中3番目に登壇予定です。答弁時間により時間は前後します。◆質問項目:風しんの予防接種について風しんの追加的対策事業の現在の受検率追加的対策事業のやり方を見直し、その活用を積極的に働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】多胎児家庭の支援

双子や三つ子といった多胎児家庭の置かれている環境は過酷です。だからこそ育児を社会で支える仕組みを早急に構築する必要がると考え、多胎児家庭の支援を提案していました。 そして、昨年12月、多胎妊婦及び多胎児を養育している家庭の負担を軽減するために、多胎妊産婦サポーターを派遣し、育児や家事の支援を行う「多胎妊産婦支援事業」がはじまりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】ふるさと納税を活用した経済活性化策

近年、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングに取り組む自治体が増えています。これは、自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税による寄附金の使い道を具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄附を募る仕組みです。本市では、地場産業である松盆栽のPR動画を作成するプロジェクトに活用されました。 これまでは、一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】地球温暖化対策(省エネ住宅の普及促進)

市当局に、省エネ住宅の普及を促進する提案をしました。 環境省によると、住宅からのCO2排出量は日本全体の16%を占めており、特に、居住中のエネルギー消費を減らすことは、CO2削減を大きく促すと言われています。 そのようなことから、省エネ住宅を増やしていくことができれば、CO2排出量を確実に減少させていくことに繋がると考えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】地球温暖化対策(卒FITをターゲットとした施策)

卒FITをターゲットとした施策について市当局に提案しました。 2019年11月、固定価格買い取り制度(FIT)が始まって10年を迎えました。10年間の固定価格での買取期間が終了し、今後、所謂卒FITが確実に増加していきます。卒FITを迎えた発電設備は、自家消費もしくは相対・自由契約による余剰電力の売電を選択することになります。対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

謹んで新春のお慶びを申し上げます。 昨年も多くの方にお世話になった一年でした。感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまの思いに応えられるよう、本年も全力で取り組むことを改めてお約束いたします。 初当選以来、何より意識して取り組んできたのが、政策提案です。高松には、解決すべき課題が山積しています。希望溢れる未来をつくっていくために、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】いじめ問題調査委員会・いじめ問題再調査委員会の設置

2012年、私は、いじめによる重大な問題が発生した際に、速やかに、そして公正・公平に調査できるよう、第三者による調査委員会等の設置ルールをあらかじめ定めておくことを提案していました。 提案当時、その前年に、大津市で、中学2年生の男子生徒が同級生からのいじめを苦に自殺するという残念な事件が発生していました。被害生徒が自殺の練習をさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】大学や高等専門学校への寄附金税額控除

高松市内の大学や高等専門学校への来年1月1日以降の寄附金について、市民税の税額控除の対象となることが決まりました。 厳しい地方財政や少子高齢化の進展など、様々な地域課題が存在している中、貴重な人的・知的資源である大学や高等専門学校との連携による課題解決が期待されていることは言うまでもありません。 そこで、本年3月、地域に密着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】令和2年12月議会 一般質問

今回は4つの項目を取り上げます。いずれも新たな取り組みの提案や課題解決のための提案です。◆日時: 2020年12月14日(月)13:00頃~ ※ 午後1番目に登壇予定です。答弁時間により時間は前後します。◆質問項目:税制について外航船員のような長期不在者を対象に、応益性の観点から、住民税の減免措置を講ずる提案大学等への寄附について、来年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

所属政党についてのご報告

(旧)国民民主党が解党し、所属政党がなくなりました。 今後は、国民民主党と立憲民主党の合流新党である(新)立憲民主党に所属することといたしました。 常々、建設的な議論のできる政策提案型の野党第1党が必要であると考えておりましたが、先の代表選挙において、「提案型の野党第1党をめざす」との発言があったことから、この度の決断に至り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more