【提案実現】スマートフォンアプリによる道路損傷等の通報システム

これまで、道路の損傷などの通報は電話で寄せられることがほとんどで、状況確認に時間を要していました。また、その後の対応について情報提供者に適切にフィードバックされていないという課題がありました。 そこで、スマートフォンの専用アプリを使い、市民から道路の破損等に関する情報提供を受け付けるシステム(マイシティレポート)を10月から導入す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】宅配ボックス設置への補助制度創設

近年の通信販売、特にインターネットを利用した通信販売の伸びとともに宅配便の取扱個数は急伸しており、国土交通省の調査によると、2017年度の取り扱いは約42.5億個で、5年で約20%も増加しています。 2019年10月の調査によると、宅配便の個数のうち約15%が再配達となっており、再配達による社会的損失は大きく、改善する必要があると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】不妊治療の休暇制度創設

2019年12月議会で提案した「不妊治療の休暇制度創設」が実現し、今年度から利用可能になっています。 不妊治療では、医師が指定する日、時間など、頻繁かつ突発的な通院が必要となります。また、治療の成否は誰にも予測できず、長期間の治療を必要とすることもあります。 一般的には、通常の有給休暇を駆使しながら、なんとか治療を受けている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】議員報酬および政務活動費のカット

新型コロナウイルスにより多くの市民、事業者が苦しんでいます。その対策の財源を捻出するため、議員報酬および政務活動費をカットする議員提出議案が全会一致で成立しました。 議員報酬は10%カットします。 政務活動費は既に前期分が予算執行されているため、残りの半年分を40%(年間にして20%)カットします。 当初、私たちの会派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】令和2年6月議会 代表質問

新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの事業者、個人事業主が苦しんでいます。 子どもの教育を心配している保護者がいます。 多くの市民が生活に不安を抱いています。 私たちには、市民の生命はもちろんのこと、暮らしを守る責任があります。 そのために、どのような対策を行うのか。新型コロナ対策に多くの時間を割いて、質問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案実現】双子や三つ子といった多胎児家庭の支援

昨年12月の議会で私が提案した「双子や三つ子といった多胎児家庭の支援」が第2期子ども・子育て支援推進計画に盛り込まれました。 多胎児家庭の置かれている環境は過酷です。だからこそ育児を社会で支える仕組みを早急に構築しなければなりません。 具体の取り組みはまだまだこれからですが、今年度からの5か年計画に盛り込まれたことは大きな前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】令和2年3月議会 質疑

今回は2つの項目を取り上げます。いずれも新たな取り組みの提案です。 ◆日時:  2020年3月11日(水)13:00頃~  ※ 4番目の登壇。おそらく午後1番目の予定です。答弁時間により時間は前後します。 ◆質問項目: 大学等との連携とその支援について連携について、現状と今後の考え地域に密着した大学の公益活動の促進を目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】生まれてくる命を守るための風しん予防接種

妊娠中に風しんに感染すると、障がいをもった赤ちゃんが生まれる可能性が非常に高くなります。それ故、未来の命のためにも、社会全体として、その感染拡大を防止することが重要です。 しかしながら、特定の世代の男性は、これまで公的な接種を受ける機会がなく、抗体保有率が低いことから、近年、風しんが流行していました。 そこで、2018年12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【提案】不妊治療の支援

近年、晩婚化などを背景に不妊治療を受けるカップルが増加しています。 厚生労働省によると、生殖補助医療による出生の割合は年々増加し、2015年には5.1%と20人に1人が生殖補助医療によって誕生しています。 不妊の検査や治療を受けたことのある夫婦は18.2%。実に5.5組に1組が検査や治療を経験しており、不妊治療は特別なもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more